2011年7月16日土曜日

BRIDAL SHOCK 2011~プレデター達は闇でうごめく~

都市伝説:プレデター達は闇でうごめく BRIDAL SHOCK 2011~無謀な夜~ 板橋~表参道~渋谷~そして世界へ
思い出せばWEDDING SUMIT 2011~実録:サバイバー達の32時~の次の日から始まったこの企画。遂に決戦の日。主に写真でお送りします。
ラスト打ち合わせです。今回は全員で集まるような機会がなかなかとれなかったので、貴重な時間です。皆真剣。プレデターっつーのは我々のことです。バレちゃいけないので隠語にしたんですね。P会です。
mAniAは何しに来たのって言ってしまうほどの大荷物で北海道から帰ってきました。荷物に「HEAVY」って貼られてました。
あまり音出しの時間が取れませんでしたね。でもまぁ、あとはmAniAよろしく!ってことで。賞状隠したり、楽器をセットしたり、タバコ吸ったり、各々が自分の準備を進める。
TAMAは今回司会でもがんばりました。一般のお客さんの固い空気をほぐそうとしていました。
仕事しろ。
衣装がキマッてますねぇ。ユニホームにしようか。
本日の主役登場。この二人に企画の内容とか悟られないようにこの5か月間がんばってきたので、到着の瞬間がある意味一番のドキドキポイントです。
CHIKURONE桃子には内緒で、二人が呼んでいない人、つまり我々の友人まで呼びまくり、遂には約半数がいわゆる他人となったこの会。サプライズ感を出すために目隠し耳栓での登場です。
 
shimaもがんばっていました。映像の頭は切れていないでしょうか。大丈夫でしょうか。
乾杯をしたみっちゃん。今回多数の友人を引き連れての参加でしたが、乾杯のことをすっかり忘れていた様子。まぁ、みっちゃんだしね。
CHIKURONE先輩から二人へ素晴らしい歌でした。お客さんの中でも「うめぇ~・・・」という嘆息の声が。
まぁ、色々、ゲームとかバンド演奏とかありつつのCHIKURONEから桃子へオリジナルラブソングをサプライズ披露。かっこよかったですよ。
VIPルームで酒を呑みたかった。
ライブでは合計5曲を披露。「歓びの歌」~「ぴこぴこばんばん」で会のオープニングを飾り、観客の度胆を抜く。余興では「さくらんぼ」~「歓びの歌 (CHIKURONE桃子バージョン)」「Restart」新郎には内緒で歌わせようとしていたのですが、ここは予測していたようです。
CHIKURONE桃子へのサプライズプレゼント。披露宴の時の写真を加工して亀山に渡し、B1サイズにしてくれました。タダで。他にもチョッパーのぬいぐるみやその日撮ったチェキのアルバムも。
二人が楽しそうでよかったです。最後のRestartは気持ちよかったなぁ。まぁ、まだまだサプライズは用意されていますがね。
また集合写真撮れなかった・・・気合入れもできなかったし。
やっと呑めるぞ~!つーわけで初対面のヒロアキとすぐ仲良くなって飲酒飲酒飲酒。
小熊とグリズリーです。熊っつーかゾンビと亡霊。
Lissaんちに12人も入って4次会。なんかミッシェルDVDを観てうぉーってなってた。
本日の二丁目。寝ているのはTAMA。
襲われているのはTAMA。襲っているのは恥婦と本日の主役。主役はこの後眠りました。
Lissaの服を借りてすっかりリラックスでした。4次会からネス登場。職場から直できたそうです。奥さんには「大事な用があるんだ」と言ってきたそうです。
いつもの構図。この夏何するか話してました。
32時、恥婦と帰る。ポカリしか飲めない・・・旨い。オツカレ。あ、じゃない。おめでと。

0 件のコメント:

コメントを投稿