2010年7月18日日曜日

第二回 ばんやろ・鬼怒川研修~もうビールなんて飲みたくない~ 一日目


8:00 ライフポイント:12/100
昨晩の後遺症により、体調は最悪の状態で起床。本日は「ばんやろ・鬼怒川研修~もうビールなんて飲みたくない~」です。

研修参加者(写真の順):竹朗Lissaだぶ恥婦小田急

ワタクシすでにビールを見るだけで胸焼けがしている。寝不足と飲みすぎ。しかし動かねばならないので動く。
9:00 ライフポイント:9/100
吉野家行ってから北千住で恥婦と買出しです。が、腹を下し、歩くのもやっとの状態で、買い物も気が乗らない。だって酒なんて買いたくないし見たくもないし!
なんとか酒を購入し、ウコンを飲んでみる。竹朗とLissaが集合してきました。
9:30 ライフポイント:5/100
開始。
ビールを飲む。
左側にいるのがワタクシなんですが、向こう側の道路に吐きそうになり生唾を垂らす。限界でした。Lissaの買ってきたマックがむかついてしょうがない。蹴る。
11:00 ライフポイント:3/100
特急スペーシアの時間までをコーヒーで過ごす。瀕死の状態。
ワタクシ「帰りたい」「ぶっ壊せ」「もうダメだ」を連呼。
竹朗の飲んでいたものがオレンジジュースに見えて飲むとミルクティ。そんなことにもダメージを感じながら、スペーシアへ。
11:30 ライフポイント:2/100
小田急が離れた席になり、スペーシア内で宴会開始。竹朗が鼻せんべいやったり、竹朗がぷらんぷらんしたり、竹朗がコリコリしたり、大変な状態でした。ワタクシはひたすら吐き気を抑えながらジリジリと飲酒。一進一退の攻防でした。そして鬼怒川へ…。13:00 ライフポイント:3/100
小田急と鬼怒太がディープキスをしたり、恥婦が足湯でてこずったりしてからタクシーでホテルへ。6人乗りのタクシー初めてでした。助かりましたね。
13:30 ライフポイント:5/100
部屋について、前回置いていったグラップラー刃牙31巻がまだあったことに興奮。テンションの上がってしまった竹朗が単独スーパー買出しへ。そしてLissaが就寝。
ワタクシと恥婦と小田急はひとまず大浴場へ。ミストサウナと露天風呂のおかげで若干回復の兆しを見る。そして部屋に戻り皆就寝。おやすみなさい。
17:30 ライフポイント:20/100
寝ている間にぐっしょりと汗をかいたが、いつもの瀕死ぐらいには体力を回復。他のメンバーも良くなった様子。竹朗は料理の仕込をしててくれた様子。キュウリの浅漬けに感動。山に向かって「うまーっ!」を連呼。
竹朗さんの料理も優しさあり、気遣いありの贅沢すぎる感じでした。
レッズ対ガンバを観たり、全く興味の無いスターウォーズを観たり、サプライズ花火大会をバルコニーから見ることができたり、小田急をそのまま虫だらけのバ ルコニーに閉め出したり、ロゼを開けたり、UNOは意外と盛り上がらないことがわかったり、集合写真を撮ったりでトランプへ突入。
25:30 ライフポイント:70/100
ルール:カードで負けた人は正座で敬語。カードを手際よく切り、配る。酒が無ければ注ぐ。

宣言どおり22:00を過ぎた辺りから体力が戻ってきたワタクシ。トランプはまずババヌキを。
そして魔の大貧民突入。

前回(第一回鬼怒川研修)の時は、上記の大貧民ルールに竹朗が【ハブ酒イッキ】を加え、竹朗自身がハブ酒をあおり、見せたことのない姿を現し、傍若無人な オネエのようになり、トランプを全てオープンし、嘔吐し絶叫し、ビニールを被って寝るという事態になったトランプ。果たして今回は……。どんなひどいことになるかと思っていたら、結構皆さん優しいんですね。あと、みんな元気ってのもあって、なかなか悲惨さが見えてこない。小田急が「マイケル富岡以下ですね」「マイケル富岡がいればなぁ」を連呼。ワタクシが結局一度も負けなかったことにより、辛辣さも減。
たまりかねた竹朗がNIKKAをあおりだしテンションを上げていきました。
が、上記のルールに
【持ちグラスの酒をイッキ】
というルールが加わり、小田急が死に、竹朗が堕ちていきました。
竹朗さんは、テンションの上がり方と酒の回り方で空回りした形で、少し残念そうでしたね。

ほどなくして嗚咽も聞こえなくなり、28:00頃、就寝。
竹朗が息をしているかどうか、恥婦に確認してもらう。

思い出すだけで胸焼けがしてきました。

以上、だぶでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿